キケン信号

交通事故の対策

交通事故を防ぐためにできる対策とは?

交通事故が発生すると罰金を払わなければいけないだけでなく、人の命を奪うことにもつながる危険があるので、事故を防ぐために一人一人が対策を行う必要があり、移動手段によって対策の仕方が変わります。
まず歩行者の場合には急に道を飛び出さないようにし、道を横断するときは横断歩道などを使い、左右から車が来ていないかよく確認をしてから移動します。
また道が暗いと車から人が見えにくくなるので、夜に暗い場所は行かないようにし、どうしても行く必要があるなら反射材を身に付けます。
自転車は車道の左側を通行し、夜間はライトを必ず点灯させます。
車道が狭く、移動が危険な場合には歩道を移動しますが、スピードが出ていると歩行者にぶつかりやすくなるので、歩行者を優先しながらゆっくり移動します。
雨や雪の時は道が滑りやすいので、移動が難しいなら乗らないようにすることも事故防止になります。
自動車の運転中はよそ見をせずに運転に集中をし、飲酒をした後や眠い時の運転は危険なので、その場合には一緒に行動している人に運転をお願いしたり、電車やバスなどの移動手段を使用します。
他にも制限速度や信号を守ったり、運転に自信があっても油断をしないことが大切です。

交通事故!そのときなにをするべきか

交通事故はだれでも遭いたくないものですが、万が一のときのためにいざというときのことをシュミレーションしておくと、もしものときにも慌てずに対応することが出来ます。
また、自分が注意していても、相手にぶつかられたり、天候などでスリップするなど突発的な事故もありますので、逸事故に遭うか分からないという気持ちで日ごろから運転したり、行動したりすることが必要です。
もしも、事故にあってしまったらどうしますか。
一番大事なのは、安全を確保することです。
怪我の具合などを確認し、安静な姿勢をとったり、応急処置をします。
命に関わる場合もあるので、人工呼吸などの手順も学んでおきましょう。
蘇生のためには、現場近くにAEDがないか調べましょう。
公共施設やスーパーなどには設置されている場合があります。
また、忘れがちなのが、後続の事故を防ぐため、移動することです。
あわてて道上に立ちつくしたままだと、後ろから来た車などがさらに事故に巻き込まれたり、車にひかれる危険性があります。
すぐに安全な路肩などに避難しましょう。
そして、110番と119番に通報し、助けを待ちます。
この間、相手側の連絡先を聞き、保険会社にも連絡しましょう。

おすすめWEBサイト 8選

ドローンに関するビジネス・資格・スクールの情報を提供しています。

ドローン免許

完全予約制の心療内科です。

群馬県 心療内科

最終更新日:2019/12/19

『交通事故』 最新ツイート

@rina_styles_

弟騒ぐし言う事聞かないし顔も性格も可愛くないから一緒に居たくないって言ったらあんたそっくりって親に言われたまあそうかもしれないけど親にまで悪く言われてもう本当に辛い少なからず責任あるくせにむかつく交通事故でそんなんですんで良かったね言われたけどブスって言われながら生きてく方が辛い

38秒前 - 2020年02月28日


@4czjUxQ6DUe9QsZ

最近高齢者の運転で、アクセルとブレーキを踏み間違いで、歩道に突っ込み登校児童が被害に遭う痛ましい事故がある度、自分も高齢者だから他人事のようには思えないが、高齢者は全て免許返納を義務つけたら、公共交通に恵まれない地域または通院に支障きたしたり農業関係にも影響が出てくることがある

38秒前 - 2020年02月28日


@HAZZA_hamasama

📚双子説が多いから、改めてよつつじ君見てみた…に…にてないな…w えーーでも気になるんだよつつじ君…ずっと出てきてるし 交通事故で僕だけ助かったよつつじ君…ところで、よつつじってどやって漢字に変換するの?

1分前 - 2020年02月28日


Copyright(C) 2009 のびのびリンク All rights reserved.